活躍する女性が増えている!女性が光る広報という“会社の顔”

昨今企業の広報力が重要視されるようになってきました。広報は「会社の顔」とも言われ、会社内外に対して影響力をもつ存在です。

広報に関する書籍は年々増え、上場企業を含め多くの企業で広報が注目を集めているのも決して偶然ではありません。 今回は女性の活躍が目立つ広報の仕事を上村嗣美(つぐみ)さん著書「成長をかけ算にする サイバーエージェント 広報の仕事術」を元にご紹介し、広報で輝ける人材の特徴を探っていきます。

広報とは

広報は会社の顔として、以下のことをミッションとして行なっています。

  • 自社商品・サービスの魅力化と発信
  • 自社の採用におけるブランディング
  • 自社の社会での認知の向上

広報の仕事は「広告」ではなくあくまで「広報」です。広告はお金によってファンを増やす一方で、広報はコミュニケーションによってファンを増やしています。

自社のブランド化が進むことで採用における候補者の増加、メディアへの掲載数の増加など企業において重要な任務を果たすのが広報であり、「会社の顔」とされる理由がここにあります。

上村氏も同書の中で、広報とは「自分たちの商品やサービスを利用してもらう“しかけ”」を作ることだとしています。しかけを生みだすために、経営者相手でも巧みに惹きつける魅力を持ち、複雑に絡み合ったリアルタイムの情報をきちんと編集・伝達し、かつ多くの機会の中から優先順位をつけて取り組むスピードが必要な仕事こそ広報なのです。

女性が活躍する広報の現場

多くの女性が広報として活躍しているのにはある理由があります。

広報はトレンドとなる「時流」と自社が大事にしていることである「社流」を一致させることで多くのメディアに取り上げられる状態にすることができます。

トレンドに敏感な女性の方が可能性として情報をキャッチするためにアンテナを張っており、また問い合わせへの対応など細かな仕事にも気を配ることができるという点で活躍しやすいと言われています。

もしかすると記者に男性が多いため女性のウケが良いということはあるかもしれませんが、実際にIT系の企業をはじめとして多くの企業の広報担当を女性が担っています

もちろん女性が活躍しやすいとは言っても誰もが意気揚々と活躍することができるわけではありません。ではどんな人材が広報で活躍できるのでしょうか。次ではビズリーチ社の事例をもとに広報として活躍できる人材について見ていきます。

広報で活躍する人材

実際にこんなエピソードがあります。

「ビズリーチ!」のCMでもおなじみの即戦力人材の転職サイトを運営するビズリーチ社は2008年、サービスの認知拡大の方法を模索していました。そこでCEOの南壮一郎氏が会ったのが広報のプロである田澤玲子氏。田澤氏は南氏にサービス開始の記者会見を開くことを提案するも南氏はすぐに記者会見を必要がないと拒否。実際にベンチャー企業で大掛かりに記者会見を開いた前例はなかったが、田澤氏が南氏を説得し続けて最終的に記者会見を開く方向で合意しました。

「攻めの広報」と南壮一郎氏著書「ともに戦える「仲間」のつくり方」でも言われていますが、田澤氏のこのビズリーチを広めたという想いと粘りによって同社は記者会見で無名のベンチャーとは思えない70人以上の報道陣を集め、一躍優良企業となりました。

こういうと広報は華やかな仕事にも見えますが、地道なプレスリリースの作成や70人の取材陣を集めるまでの交渉など、小さな仕事の積み重ねがあってこそ会社を動かすことができるのです。同書でも南氏が田澤氏に対して「あきらめなければ失敗はない」と書いているほど、良いものは広める価値があると信じる力を田澤氏は持っていました。

決して広報の仕事が他に比べて大変である、ということではなく、広報という役目を果たす上で留意すべき点があるということです。

それは広報という仕事に対する愛着を持てること、そして客観性があることです。

自分が愛着のわく自社やサービスについての知見を広め、自社の良さを知ってもらおうとする姿勢は広報になくてはならない要素です。

一方、なにが良く、なにが悪いのかということを知らなければ他と差別化できている要素は見えてはきません。客観性を失った広報はただ自社のことが好きな独りよがりの広報になってしまうのです。

広報として働くために上述した2つの要素は必要不可欠ということができるでしょう。

存在する仕事を行うのではなく、時流に合わせてどんどんネタを拾い、形にするのが広報です。全ての動きが会社の見られ方に直結する広報は時として時流に合わせて時間など気にせずにやりきらなければいけないこともあるでしょう。時には社流に合わせて、社長と同じスピード感で現状を俯瞰した動きをしなければいけないでしょう。

華々しく見える広報の華々しさは一瞬しかありませんが、女性の方が活躍しやすいと言われる環境で真に活躍できるかは広報という仕事を突き詰める本人次第ともいうことができるかもしれません。


※成長をかけ算にする サーバーエージェント 広報の仕事術

※ともに戦える「仲間」のつくり方

RECOMMEND CONTENTおすすめ記事