あなたはモヤモヤを引きずる人?モヤモヤ女子の特徴と脱出のヒント

株式会社エスキャリア 代表取締役 | 土屋美乃

「自分らしい」キャリアの実現に挑む株式会社エスキャリア。国内200名のキャリアコンサルタントのパートナーと共に、これまで数多くの女性たちのキャリア支援を行ってきたエスキャリア代表の土屋美乃さんに、転職や復職で女性が抱える”モヤモヤ”の解消法を伺いました。

転職の前に!自分にできることを明確に

エスキャリアにキャリアカウンセリングを受けにくる女性の多くは、仕事のみならず人生全般を含むキャリアをどのように築いて行こうかと、次の一手に迷いが生じていたり未来への不安を抱いていたりします。

例えば仕事における自己実現に関してでは、社内で目標を持てなかったり、目指したいと思える先輩社員がいなかったりすると、どうしてもその環境での自分の将来が描きにくくなります。

また時短勤務をした途端に仕事内容に制限ができたり、条件が下がったりするなど「このようにはなりたくないな・・・」と考えてモヤモヤしている女性は多く見られます。

そのような場合は、まず今の環境での問題を適切に捉え、「自分にできること」は何かを認識することです。

仮に転職を決断するにしても、大切なのは「その場でどのように努力したか」です。同じような悩みは次の職場でもおそらく起きます。他人や組織のせいにするのではなく、今ある問題に対して自分自身がどう向き合ったか、周囲に働きかけたかということが、次の一手を決める際にも重要になります。

時代が時代ですから、言われたことをきっちりやる、というのは当たり前です。そこにプラスで、言われる前に自分でどう考え、どう工夫や行動ができたかという事実が今後AIとも協働・分業していく時代の中で、他者からも必要とされる大切な要素です。

思考を整理しないままでいると「なんか違う」「やりたくない」という負の気持ちをズルズルと引きずってしまいます。期待に応えたいという気持ちが強い女性であればあるほど、親の影響や周りからの期待、流れで就職した企業から離れられなかったり、あとは、夫が話を聞いてくれずに一人でモヤモヤしているパターンも多いですね。

モヤモヤからの卒業に必要なこと

自分だけで考えるのはなく、対話を通して悩んでいることを整理し、相談してみることです。

転職したり、昇進したり、独立したり、はたまた夫の転勤について行ったりと、究極、選択の中身はなんでも良いのです。ただ、決断した時に、「自分で決めた」という意識が大切です。何が自分にとって大切で、何を実現するために意思決定するのか明確にしたほうが良いですね。

また、いつもより時間をかけて今の環境の恵まれている点にも目を向けて見ることです。そして感謝する。無い物ねだりではなく、できていることに目を向ける視点の切り替えも有効です。

旦那さんや同僚など男性に話をするときには「解決しなくて良いので、話を聞いてほしい」と伝えておくことです。男性は頼られるのが好きで、解決をしたくなるので。聞いてほしい時は「聞いてほしい」と伝えてみましょう。

転職であれば、転職先でどう自分を表現したいのかです。ネガティブな転職理由、ポジティブな転職理由をそれぞれ書き出し、ネガティブに対してできる限りの取り組みをした上で転職をしてほしいなと思います。

復職であれば、より多くの時間をかけられるため、復帰した時にどうありたいのかを考え、少しずつ準備をしておくことです。この時期は強みや得意なことを知るチャンスだと捉えて、じっくり考えてほしいですね。

モヤモヤを解消するためには、是非、対話を通して”自分らしさ”をじっくりと感じ、考えることから始めてみてください。


次では・・・「私らしいリーダーシップ」の見つけ方について見ていきます。

▶︎私らしいリーダーシップとは

RECOMMEND CONTENTおすすめ記事