保育園に預けながらの転職は平気?退園になる場合と手続き

転職しても保育園に預け続けることはできる?

働く女性にとって、子供を保育園に預けられないことは死活問題です。

実際に昨今のコロナの影響で保育園に預けることができず、仕事においても苦労した方も多いでしょう。

人によっては思いきって今の会社を辞めてみたものの、転職活動がうまくいかず退園しそうになるなんてことも珍しくはありません。実際に「残り1ヶ月で転職先を決めないといけない!」という方が切羽詰まって派遣に登録することも多いようです。

では、どのようにすれば保育園に預けながら転職することができるのでしょうか。

保育園の機能

保育園とは、親の就労に伴う「保育」を目的としています。

就労を継続することが大原則になっているため、就労を継続する証明ができない場合は、強制的な退園扱いとなってしまうのです。

例えば、就業しているものの、証明書の提出忘れにより、保育の必要性がないと判断されてしまうケースなどが挙げられます。

必要な届け出をもれなく提出することは転職の有無に限らず必要なので、早めに準備するのが良いでしょう。

猶予期間について

転職先を決定し、証明書を提出する前に退職してしまった場合、さらに注意が必要です。自治体によって求職の猶予期間が異なるものの、都内や神奈川であれば最大でも3ヶ月と定めています。更に待機児童問題がある場合は1ヶ月という市区町村もあるようです。

通常の転職活動でも早い方で1ヶ月は活動に時間を要しています。初めての転職活動であればなおさらです。猶予期間が異なる場合でも2週間前には証明書の提出が必要なため、早めのタイミングでお住いの自治体に問い合わせ、猶予期間について確認しておきましょう。

実際に転職活動が成功しても、転職先に就労証明書を発行してもらうまでは安心できません。事前に届け出の必要についても伝え、スムーズな提出ができるように進めていきましょう。

猶予期間が過ぎてしまった場合

猶予期間が過ぎてしまった場合は基本的に保育園を退園することになります。代替の方法としては、認可外保育園を探すか、自分で子供の面倒をみることになります。

認可外保育園といっても入園が難しい地域は一定発生する上、保育料が高くなる可能性があります。入園までに面接や先着順となるため、予期せぬ入園は不利に働く可能性があります。

転職する際に必要な書類と届け出

転職する際の届け出の内容は人によって変わってきます。

先に退職して求職状況になる人

書類提出先:市町村の役所

提出書類:

  • ・内容変更届
  • ・求職活動申請書
  • ・支給認定変更・認定申告書

提出資料は市町村によって異なりますので、事前に確認するようにしましょう。

退職後、すぐ仕事を始められる人

書類提出先:市町村の役所

提出書類:

  • ・支給認定変更認定申請書兼申請内容変更届
  • ・就労証明書

提出資料は市町村によって異なりますので、事前に確認するようにしましょう。

会社員であれば「就労証明書」を、自営業や農業の場合は「就労申告書」を自治体に提出することになります。会社に記載してもらう必要があるものもため、余裕を持って届け出の手続きを進めるようにしましょう。

直接自治体の保育課に提出せずに、保育園が受け取ってくれる場合もあります。

中には転職したものの変更手続きをしないままにして、役所から説明を求められ、最悪保育認定が取り消される事例も発生しているようです。必ず忘れずに必要書類を提出するようにしましょう。

保育園入園決定後の転職は要注意

育休後は元の職場に復帰をしなければいけないと考えている人が多いですが、必ずしも復帰する必要はありません。復帰する必要があるかどうかは、市区町村の条件次第となります。

東京都内では一部の自治体で元の職場への復職を前提とした保育とみなしている区もあるようです。自治体のホームページを確認するようにしましょう。

自治体が問題なければ、保育園の申込・内定・入園の間で転職活動をスタートすることができます。特に毎年2〜3月は求人数が多くなる時期。転職活動を始めるにはぴったりのタイミングです。

また、転職する場合の勤務先の就業条件も念のため確認しておきましょう。勤務時間が大きく減少したり、収入が変動する場合には注意が必要です。

勤務時間に変動がある場合は、保育園の保育時間はフルタイム勤務を想定する「保育標準時間(最長11時間)」と、それ以下に区別されます。

正社員での転職の場合には保育標準時間に当てはまり、延長料金なしで最大11時間子供の預け入れが可能です。また夜間や延長保育の場合には追加で保育料が必要です。

収入の変動がある場合、保育園は自治体補助金や世帯所得をもとに保育料を算出しているため、点数となる階層区分が変動する場合は当然保育料の変動の可能性があることも覚えておきましょう。

父親が転職する際の保育園手続きは必要?

母親だけではなく、父親が転職するときも届け出が必要です。

市町村区によって、両親ともが勤務していることを条件にしている場合、どちらかの親が求職状態になると預け入れ時間が短くなる恐れがあります。

例えば、両親が勤務している場合には8:00〜19:00での預け入れが可能な場合でも、どちらかが求職状態になると10:00〜17:00の預け入れになるなど預け入れが制限されてしまいます。

転職活動では夜に面接が入るケースも少なくないため、活動をする上でも多少影響するでしょう。

父親が退職した際なども書類の届け出をしておくことで安心することができます。

保育園に預けながらの転職は難しい?

子供を保育園に預けながらの転職はリスクに感じるかもしれませんが、多くの方が現職に籍を置きながら転職活動を進めています。

実際にワーママ専門の転職エージェント「QOOL(クール)キャリア」では、これまで数百名の転職のご支援をさせていただきました。

繁忙期で忙しい、子供から手が離せなくて面接に行けない、求人を探すのに時間がかかる、など多くの女性が子育てをしながらの転職に悩みを抱えています。

専門のエージェントを利用することで、そもそも働き方含めた条件に合う企業のみが紹介され、面接は基本オンライン、企業との面接調整なども融通を利かせることができます。

ご自身のペースで転職活動を進めるためにも一度プロに相談することをお勧めいたします。

RECOMMEND CONTENTおすすめ記事